スマートフォンカメラおすすめアプリサイト

毎日を楽しく、思い出をのこすアプリ紹介サイトです!

star 人気RSS

【Focos 使いこなす】

time 2020/08/19

【Focos 使いこなす】

タップするだけで、一眼レフで撮ったような背景ボケ画像が作り出せる、写真を深度データ化してくれる、フォーカス写真加工アプリ

Focos はコンピュテーショナルフォトグラフィの未来へと、大きな一歩を踏み出すためのアプリです。カメラ搭載の iPhone でDSLR に迫る写真を、本来であればプロレベルの絞り値の大型カメラでなければ実現できない、美しい「ボケ」効果を可能としました。コンピュテーショナルフォトグラフィの進化は留まるところを知りません。あなたの写真に無限の変更を加えることができます。撮影後にフォーカスを変えることもできれば、何度だって絞り値を変更することもできます。あらゆる既存の写真編集ツールを超えているアプリなのです。Focos によって解き放たれるクリエイティビティの可能性は、文字通りの無限大です。

The Verge,
“Focosは最も野心的なiOS向けの写真編集アプリの一つで、あなたがどんなカメラで撮ったかに関係なく「ポートレートモード」スタイルの画像を完全に調整可能な被写界深度へと変えます。”

主な機能
– ペイントや範囲を指定してなくても、シャッターを押すだけで被写界深度のある写真が撮影できます。
– デジタル一眼レフカメラに搭載された高価なレンズのように、絞りを開いた本物のボケを実現可能です。
– 既存のポートレート写真をインポートして、ぼけエフェクトで再編集できます。
– 撮影後にタップしてピントを調整可能です。
– さまざまな絞り口径で、異なるぼけスポットエフェクトを生成できます。
– プロ仕様オプションでクリーミー、バイリニア、渦などのプロ用レンズをシミュレーション可能です。
– 3D モードでポートレート写真を表示し、直感的に深度フィルターを追加できます。
– 3D ライティングツールを使用すれば、実際の 3D 空間でポートレイト写真をチェック、複数ライトを追加、カラー、明るさ、ライトの範囲やシャドウを調整することが可能です。
– Apple Pencilを使用してiPadで深度マップを正確にパッチできます。
– ビデオチュートリアルで簡単に使えます。
– 全iPhone及びiPad向けの必須のツールです。

star 人気RSS

コメント

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

カテゴリー

アーカイブ

アクセスランキング